« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »

2004年6月の17件の記事

2004.06.30

げんこつ雲

IMG_0218-1.jpg

車に乗って信号待ちしてたら、げんこつがとんできそうでした。

今日は、ほんと暑かった~
これからは、こんなもくもくした雲がふえてくるんだろうなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.29

野球観戦チケット購入

年に1回、楽しみにしている大阪ドームでの阪神対広島戦。
私は、広島ファン。夫は、阪神ファン。
夫婦の熱~いバトルが繰り広げられます。

そろそろチケット買わなければと思って、
ネットで調べてみたら、ほとんど売り切れ状態でした。
あわててチケットぴあに行きました。
三塁側の内野指定席が私たちの指定席みたいなもんなんですが、
(三塁側といっても、阪神ファンばっかり・・・)
もうほとんど外野に近い席しか残ってなかったので、
大奮発して、特別内野指定席を買いました。

大勢の阪神ファンの中で、広島の選手がヒット打って、
喜んでいるのは、たぶん私だと思います(*^_^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.28

静かに暮れていく空

IMG_0193-1.jpg

偶然にも、前回と同じ時間に撮った夕方の空です。
この前に比べて、何となく穏やか~な感じがします。
蒸し暑さにバテバテの一日だったけど、何だかほっとしました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.06.27

この季節にコスモス?

IMG_0188-1.jpg

コスモスは、秋の花だと思ってました。
庭で作業していたおじさんの許しをもらって、
写真を撮らせていただきました。

おまけに、マリーゴールドがたくさん咲いてるからと、
5株ほど分けてくれました。

カメラを手にブラブラしていると、こんな出会いもあるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.24

和泉市から届けます<マンホール.BLOG>

散歩の途中でみつけた和泉市のマンホールのふた、
雨水用をみつけました!
この前のは「すいせん」って書いてあったけど、
もしかして、「水洗」っていう意味?
でも、「市の花」は「水仙」で間違いないし。
両方かけてるのかなぁ・・・

IMG_0152-2.jpg

これは、和泉市の泉をイメージして作られたものだそうです。
地中から湧き出る泉を背景に、美しい水鳥の翡翠(カワセミ)と、
魚(これは、特に何の魚というわけではないそうです)を、
表現されているとのことです。
そういえば、和泉市にはため池が多くあります。

カラー版もありました。でも、ちょっとわかりにくいかな・・・

IMG_0151-5.jpg

Diarioのmicioさんマンホール.Mapを作ってくれました。
かわいいバナーも頂いてきました。
全国各地、海外からも届いてます♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.22

今日の夕日

IMG_0155-1.jpg

今日は、すてきな夕空に出会いました。


| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.06.21

虹みつけた!

IMG_0150-2b.jpg

夕方7時頃、夕焼けがきれいだったので、
ベランダに出てみたら、
大きな虹がかかっていました。

明日はいいお天気になりますように!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.06.20

ラベンダー畑

143-5.jpg

和泉市の「和泉リサイクル環境公園」にあるラベンダー畑です。
種類はイングリッシュラベンダーです。
大阪の富良野って言われるぐらいに広いラベンダー畑が、
広がっています。
それは、ちょっと言いすぎですが・・・^^;

今日、暑い中を歩いて1時間かけて行ってきました。
ところが、入り口の立て看板をみると、

「今年は、苗を植え替えたところで、株がこぶりになってます」

えっー!そんなぁ・・・

それでも、ひとつのエリアだけ昨年のまま残ってました。
それが上の写真です。
う~ん、いい香りがします。

ほとんどのところはほんとにまだまだ小さな株でしたが、
元気に大きく育っていくのを楽しみにしてます。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2004.06.19

出入橋きんつば屋さん

IMG_0135-1.jpg

「出入橋きんつば屋」さんのきんつばが美味しいという評判です。
大阪北区にお店があります。
その店内で、熱々の焼き立てをお茶を飲みながら、
いただくのが一番いいそうです。
でも、遠いのでなかなか出かけていく機会がありません。

今日、泉北高島屋さんで午後3時からの30セット限定販売
ということで行ってきました。
前回は、5分過ぎて行ってみたら完売だったので、
今回は、15分前に到着。
すでに行列が・・・
うーん、ほんとは30分前に着いてたのに、
マンホールのふたの写真とってたんで遅れました。
ここで帰るわけにはいきません。
ちょうど私で30個目でした。ラッキー!

噂どおりあっさりとした甘さで3個もいただきました。
美味しかったです!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.17

あ~間違った!

トラックバックのことをトラッラクバックだなんて。
初めてのトラックバックでほんと緊張してたんですね(笑)
恥ずかしい~ でも、訂正しないで記念に残しておこうっと。

Diarioのmicioさんから、初コメントもいただいて、嬉しい!
あっ、最初のコメントは無理やり夫に書かせたものなので、
実質的には「お初」です。

DiarioのmicioさんのマンホールBLOG、
いろんな町のマンホールのふたが集まってて、楽しいです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.16

マンホールのふた

この前、散歩をしてる途中で見つけたマンホールの蓋。
おもしろかったので写真をとっておきました。
ブログ巡回中にみつけたマンホールBLOG。
思わず私もエントリーしてみました。

125-2.jpg

大阪の和泉市のマンホールの蓋です。
「すいせん」は、市の花になっています。
「鎌倉時代に日本で最初に栽培された地が当地であったと
いわれている・・・」と市のHPに書いてありました。

初めてのトラッラクバック。ドキドキドキ・・・・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004.06.14

IMG_0110-1.jpg

とてもいいお天気で、散歩に行きました。
空が、まっ青!って感じで、
思わず写真を撮りました。
大学の中にあるチャペルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.10

「秘密」を読んで

秘密
東野 圭吾

Amazonで詳しく見る4167110067

東野圭吾さんの小説をずっと読みたかったのですが、
どの本も予約でいっぱいで、やっとこの1冊が
図書館の本棚に戻ってたので、とりあえず借りてみました。

最初は、現実にはありえないような出来事が起こって、
どんな展開になるんだろうと思いました。
読み進むうちに、だんだんと切ない気持ちになって、
ラストの本当の意味での「秘密」が明かされる頃には、
知らず知らずに涙がこぼれていました。

小説では、主に夫の平介の気持ちを中心に描かれていたけど、
妻の直子はどんな気持ちでひとつの決断をしていったのか、
私なりにいろいろと思いをめぐらせながら読んでいきました。

直子のような立場ではなく、もっと単純に、
今までの自分の記憶と意識をもって、
若い頃の自分に戻れたら、どんな生き方をするのか、
そんなこともふと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.07

雨上がりの紫陽花

IMG_0102s IMG_0103-2s

家の近くの大学の紫陽花通りです。
雨上がりの太陽の光をあびて、
紫陽花がきらきらとしてました。

(クリックすると拡大されます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.05

タイトルバナーを変更してみました

よくわからないまま画像を入れてみました。

とりあえずは、このままで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.03

丸福珈琲店のお味は?

IMG_0100-1.jpg

丸福珈琲店は、大阪千日前にある老舗の珈琲店です。
一度そのお店の珈琲を飲んでみたいと思ってました。
スーパーに行ったら、そのお店の紙パックのカフェオレが、
あるではありませんか。

今日、どんな味か飲んでみました。
甘ったるさがくなくて、少し苦めで美味しかったです。

いつかシンプルなホット珈琲をお店でゆっくりと、
味わってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.06.01

「海猫」を読んで

海猫
谷村 志穂


Amazonで詳しく見る4104256021

映画化されるとのことで、原作を読んでみようと思い、
図書館で借りました。
それぞれの女性たちが、強さとか弱さをみせながら、
どのように生きていくのかと思いながら、
第2章あたりからいっきに読んでしまいました。

また物語の舞台のひとつでもある函館の風景とかが、
(函館は私も訪れたことのある素敵な街でした)
とても魅力的に描かれていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年5月 | トップページ | 2004年7月 »