« 雨上がりの紫陽花 | トップページ | 空 »

2004.06.10

「秘密」を読んで

秘密
東野 圭吾

Amazonで詳しく見る4167110067

東野圭吾さんの小説をずっと読みたかったのですが、
どの本も予約でいっぱいで、やっとこの1冊が
図書館の本棚に戻ってたので、とりあえず借りてみました。

最初は、現実にはありえないような出来事が起こって、
どんな展開になるんだろうと思いました。
読み進むうちに、だんだんと切ない気持ちになって、
ラストの本当の意味での「秘密」が明かされる頃には、
知らず知らずに涙がこぼれていました。

小説では、主に夫の平介の気持ちを中心に描かれていたけど、
妻の直子はどんな気持ちでひとつの決断をしていったのか、
私なりにいろいろと思いをめぐらせながら読んでいきました。

直子のような立場ではなく、もっと単純に、
今までの自分の記憶と意識をもって、
若い頃の自分に戻れたら、どんな生き方をするのか、
そんなこともふと思いました。

|

« 雨上がりの紫陽花 | トップページ | 空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22920/741885

この記事へのトラックバック一覧です: 「秘密」を読んで:

« 雨上がりの紫陽花 | トップページ | 空 »