« 稲穂とヒガンバナ@秋味ぶろぐ | トップページ | さよなら大阪近鉄バファローズ »

2004.09.24

「ディープ・ブルー」みました

先日、「スウィングガールズ」をみようと映画館に行ったら、
「ディープ・ブルー」が上映されていたので、
こちらに変更。予告編をみて、とても見たかった映画です。

今まで見ることのなかった海の中の生き物たちの美しい姿に、
ウットリしたかと思えば、その中での生死をかけた壮絶な戦いに、
海で生きていくことの厳しさを思いました。
思わず涙がこぼれてしまうシーンもありました。
生き物たちのユニークな動きに笑ってしまうこともありました。
私にとって新しい発見と驚きでいっぱいの映画でした。

監督へのインタビュー記事の一部を書いてみます。

  人間の手に海の生き物の将来がかかっている。
  その資源をできるだけ維持できるように何をするべきか
  考えましょう

この映画のもうひとつのメッセージを受け取った気がしました。

|

« 稲穂とヒガンバナ@秋味ぶろぐ | トップページ | さよなら大阪近鉄バファローズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/22920/1509305

この記事へのトラックバック一覧です: 「ディープ・ブルー」みました:

» やっと見ました [※いよみかん※]
「ディープ・ブルー」のDVDを友人に借りて約1ヶ月 やっと 今日見ました 製作に7年、ロケ地200ヶ所、撮影フィルム7000時間、壮大な海の物語 とってもいい映画でした。 海で育ったので、海は大好きです 海中には、陸にいる生物よりも 多くの生き物が存在してい...... [続きを読む]

受信: 2005.12.05 17:44

« 稲穂とヒガンバナ@秋味ぶろぐ | トップページ | さよなら大阪近鉄バファローズ »